レインウェア工場

レインウェアにはいろいろな機能と種類があります。デザインはもちろんですが、生地の素材・加工が用途によって大きく関わってきます。

レインウェア生産ライン紹介

1.高周波加工タイプ

2.縫製タイプ

1.レインウェアの加工について

一般向けに多く採用されている加工を大きく3つに分けてご紹介させて頂きます。

はっ水

水をはじく加工を施しています。通気性もよく、生地の風合いが変わらないのでデザイン重視でファッション性のあるレインコートに多く採用されています。防水加工は施していないので長時間の使用や強い雨の時は水を通す場合があります。


防水

生地の裏面を樹脂でコーティングし、水を通しにくくした加工です。水を通しにくいコーティングを施していますので、汗をかいたりすると蒸れる可能性があります。商品によっては、裏地にベトツキを軽減する「メッシュ」素材を組み合わせたものもあります。


透湿防水

防水加工で水の侵入を防ぎながら、蒸れを軽減する加工です。レインウェア内にこもりがちな湿気を外部に排出するので、雨の中で作業をされる方にもお勧めの加工です。商品によっては、裏地に「メッシュ」素材を組み合わせたものもあり快適にご使用頂けます。

2.防水コーティングについて

一般的に多く採用されている防水コーティングの一部をご紹介させて頂きます。

ポリウレタン(PU)

機能的なレインウェアに採用されるコーティングです。比較的軽量で、加工方法により蒸れを軽減する透湿機能を付加することができます。ただし空気中の湿気や紫外線等に反応し劣化(剥離・湿った感じなど)することがあります。劣化は使用の回数に関係なく進行しますので、ご使用後は風通しの良い日陰で十分に乾燥させてからの着用・保管をお勧めします。


ポリ塩化ビニル(PVC)

一般の作業用レインウェアに多く使用されているコーティングです。ポリウレタンに比べて、経年劣化が少なく丈夫ですが重く、蒸れやすいという欠点があります。

3.レインウェアの素材について

一般的に多く採用されている素材の一部をご紹介させて頂きます。

エチレン酢酸ビニル共重合体(EVA)・ポリ塩化ビニル(PVC)

フィルム状の素材で主に高周波により熱をかけて生地同士をくっつける方法で生産されます。縫製品に比べ複雑なデザインが難しいため、シンプルで安価な量産品の生産に向いています。


ナイロン系素材・ポリエステル系素材

主にミシンを使って「縫製」されます。デザイン性の強いファッション系から本格仕様の高機能系まで幅広く採用されている一般的な素材です。

レインウェア生産ライン紹介

レインウェアの生産タイプは2つあります。それぞれ、別々にご紹介させて頂きます。

1.高周波加工タイプ
高周波で加工するタイプの一般的な生産ラインをご紹介します。


丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・検反

検反
裁断前の反物の状態の生地を伸ばして裏から光を当ててプリントムラ・コーティングムラ・織り傷などがないか念入りにチェックします。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・裁断

裁断
反物の状態だった生地を、次からの工程がスムーズに行えるようある程度の大きさに裁断します。製品のサイズに合わせて大幅の生地を幾重にも重ねて一度に裁断していきます。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・溶着

溶着
パーツ同士を高周波の機械で溶着します。圧着時間・温度など微妙な調整が必要です。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・二次加工

二次加工
スナップボタンやプリントなどの二次加工を行います。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・工場内検品

工場内検品
完成した製品を工場内で検品します。これまでの工程で小さな穴や破れなどはないか? 汚れてはいないか?寸法は正確か?など細かなところまで1つ1つ確認します。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・仕上げ

仕上げ
商品を折りたたんで、パッケージに収納します。皺にならないように細心の注意を払い、商品の仕様毎にたたみ方が決まっています。

arrow

丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・梱包

梱包
全てのチェックに合格した商品のみを出荷用に指定の箱に丁寧に梱包していきます。

arrow

丸十コーポレーション・レインウェア工場・高周波加工タイプ・出荷

出荷
これまでの厳しいチェックに合格した商品だけが、安全・安心という品質を付加されてお客様の元へ向けて出荷されます。

 

 


2.縫製タイプ

ミシンを使用して縫製するタイプの一般的な生産ラインをご紹介します。


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・検反

検反
裁断前の反物の状態の生地を伸ばして裏から光を当ててプリントムラ・コーティングムラ・織り傷などがないか念入りにチェックします。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・裁断

裁断
反物の状態だった生地を、次からの工程がスムーズに行えるようある程度の大きさに裁断します。製品のサイズに合わせて大幅の生地を幾重にも重ねて一度に裁断していきます。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・二次加工

二次加工
プリント・刺繍などの二次加工を行います。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・パーツ縫製

パーツ縫製
パーツ毎に仕上げていきます。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・縫製

縫製
出来あがったパーツを縫い合わせ1着ずつ仕上げていきます。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・工場内検品

工場内検品
完成した製品を工場内で検品します。これまでの工程で小さな穴や破れなどはないか? 汚れてはいないか?寸法は正確か?など細かなところまで1つ1つ確認します。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・仕上げ

仕上げ
商品を折りたたんで、パッケージに収納します。皺にならないように細心の注意を払い、商品の仕様毎にたたみ方が決まっています。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・第三者検針

第三者検針
日系の第三者検品機関へ全数検針に出します。異物が混入していないか全て1つずつ検針機を通しチェックした後、合格した商品のみ検針済みのシールが貼られます。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・梱包

梱包
第三者検品機関にて最終梱包されます。箱は検針完了の証である第三者検品機関名の入ったテープにて閉じられます。
arrow


丸十コーポレーション・レインウェア工場・縫製タイプ・出荷

出荷
これまでの厳しいチェックに合格した商品だけが、安全・安心という品質を付加されてお客様の元へ向けて出荷されます。

 
 
 

 

傘工場生産風景

PAGETOP